朝ドラ「まれ」の感想と今までのあらすじをおさらいしてみました


2043118_201410090209250001412848185c

http://www.oricon.co.jp/news/2043118/full/より引用

20150331105022

http://otaku-son.hatenablog.com/entry/2015/03/31/1…より引用

3月の末から始まった

NHK朝の連続テレビ小説「まれ

ですが1ヶ月以上たっても人気が

落ちることなく評判もいいみたいです。

 

これまでのドラマの感想を書いてみたいと思います。

視聴率の方はよかったり下がってみたり

しているようですがそれはしょうがないことです。

なんといってもヒロインの土屋太鳳の頑張りが

見る人たちを引っ張っているように感じます。

1120249_300

http://matome.naver.jp/odai/2142838779440816901/21…より引用

土屋太鳳はこのドラマのために

髪の毛をバッサリ切って

元気のいい女の子を演じようと張り切っています。

実際,画面からも元気の良さが

はっきり伝わってきて

気持ちいいです。

 

 

スポンサーリンク

 

今までのあらすじ

津村一家は東京での

事業の失敗か何かで

夜逃げ同然で能登の

田舎町に引っ越してきました。

 

 

なぜ能登なのかというと

まれの母親がダーツで投げて

たまたま刺さったところが能登だった

ということでした。

 

 

引っ越してきた日に

予定していた受け入れ先の

家が事情が変わって受け入れが

できなくなったのです。

 

 

どうしようか途方に暮れていた時に

役場に桶作文が何かの用事で

立ち寄ったので、

むかし民宿をしていたことから

その家に泊めてもらうことになった。

 

 

まれは父親がいつも大きな夢ばかり

見ていて失敗ばかりしているので

夢は見ない女の子になっていました。

 

 

何をするにしてもコツコツと

地道に生きることが一番いいことだと

思っています。

 

 

しかし、そんなまれにもお菓子をつくる

仕事がしたいという願望があったのです。

父親の仕事がうまくいっていたころに

まれと父の誕生日に買ってもらったケーキを

みんなで食べたのがとてもいい思い出に

なっていて自分でもケーキをつくる人になりたい

という想いは常に持っています。

 

 

能登の同級生たちが夢に向かって

頑張っている姿を見て

少しづつもう一度夢に向かって

頑張ってみたいという気持ちが芽生えて

来ているところへ持ってきて

パティシエである母の母親にあってしまいました。

 

 

要するにまれのおばあちゃんに当たる人です。

フランスでパティシエをしていて

まれの夢をかなえてあげたいと

思っているようなんです。

 

 

ここからどのようにして

輪島市役所を辞めて

横浜の洋菓子店での

修行に入っていくのかが

見ものであります。

 

 

横浜に移ってからは

登場人物も増えてきて

雰囲気が変わってくるでしょう。

 

 

新しい人たちには

小日向文世、りょう、鈴木拓、柳楽優弥など

 

20150507-OHT1I50037-S

http://ameblo.jp/echocinema/entry-12023927937.htmlより引用

能登編の出演者の方に負けないように

頑張っているみたいですよ。

楽しみです。

 

関連記事: 門脇麦はまれで活躍中!2016年の映画「ニ重生活」で主演決定!

土屋太鳳がまれの撮影で太ったという噂がありますが本当ですか?

まれに出演中の田中泯は役者ではなくて舞踏家なんですか?

大泉洋の嫁さんはフジテレビの副部長なの?まれの父親役の評価は?

まれの母役常盤貴子の旦那は長塚京三の息子で演出家の長塚圭史?

朝ドラ「まれ」のヒロインの子供時代の子役ははだれですか?

土屋太鳳の卒業した高校はどこでしょうか?家族構成は?

スポンサーリンク
No Comments yet, be the first to reply

朝ドラ「まれ」の感想と今までのあらすじをおさらいしてみました