藤吉久美子が朝ドラまれにいきなり登場!紺谷圭太の母親の役です


o0480064012946317097

http://ameblo.jp/kumiko3685/entry-11855133895.htmlより引用

 

女優の藤吉久美子がNHK朝の連続テレビ小説

まれ」に初登場しました。

役どころはまれの夫である紺谷圭太の

母親ということです。

 

 

今まで一度も出てきていないのに

急に表にでてきたような感じの

登場の仕方だったので

どうも不自然なことになっています。

 

 

横浜編では元ス-シェフの陶子さんや

まれにとても厳しいシェフが

敵役で話を盛り上げていたのですが

能登に戻ると敵役がいなくなってしまって

平和なだけでは話がおもしろくありません。

 

 

一部にはまれの視聴率が20%を

下回っているので何とか盛り上げようと

嫁と姑の戦いを新たに作り上げようと

しているのではないかとも言われています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

藤吉久美子がどのくらいまれとの

戦いで盛り上げてくれるのか

わかりませんがそこまでしなくても

結構おもしろいのですがね。

 

 

今回は圭太を助けるために

横浜を離れて能登に帰ってきたのですが

話の流れは圭太が主人公のように

なっています。

 

 

輪島市役所の部長である

圭太の父親がなんか邪魔をしている

ように見せかけてかなり遠回りだけど

なんとなく応援するような流れに

なるんじゃないかなと思っています。

 

 

圭太波単純だからいつでも

何かうまくいかないと

カーとなってしまいますから

冷静な父親が助けてあげる

という話になる感じがします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

そんな中でまれが目立つには

やはり敵役の藤吉久美子の存在が

必要になってきますね。

 

 

嫁と姑との戦いが

ドラマの端々にちりばめられて

アクセントになっていくのでしょう。

しかし、実は姑はとてもいい人でした

という結論になりそうです。

 

 

どうにもならないような困難なことを

これまで乗り越えてきたまれなので

夫が塗師屋を無事に継いでいける

ようにしてしまうのではないか

と私は思っています。

 

 

まれはこの後まだまだ続くのですが

また横浜へ行くのか

それとも能登でケーキ職人の腕を生かして

自分の店を持つのか

これから新しい展開が待っている

のでしょう。

 

 

横浜のマシェリ・シュシュは

辞めてしまったので簡単には

戻れないんじゃないかな。

 

 

そうなるとこれからは

能登がメインになるかもしれませんね。

まれの両親も戻ってきているし。

 

 

お父さんの徹はもう一度

復活しそうな予感がしますが

私だけでしょうか。

 

 

大泉洋が演じているので

まだまだこのままでは

終わらないはずです。

 

 

もしかしたらまれとその家族が

全員活躍をして新しい会社を

設立するようなことになっても

おかしくないですよね。

 

 

弟の一徹はインターネットで

結構稼いでいるような感じでしたね。

自己破産した父親に

1000万円支援しようとしていましたから。

 

 

藤吉久美子ってどんな人?

1961年生まれ

福岡県久留米市出身

血液型はAB型

身長は160㎝

大学生の時にNHK連続テレビ小説の

ヒロインに応募して見事選ばれています。

1982年のドラマ「よーいドン」でデビューしました。

関連記事:山崎賢人のドラマデビュー作は「熱海の捜査官」!まれでも大活躍!

スポンサーリンク
No Comments yet, be the first to reply

藤吉久美子が朝ドラまれにいきなり登場!紺谷圭太の母親の役です