キロロとHYの仲宗根泉が新ユニット『さんご』結成!


69586_200910050911728001254741454c
http://beauty.oricon.co.jp/news/69586/full/
より引用

この二人がキロロです。

 

0_72820300_1393208775

http://www.oricon.co.jp/photo/857/68706/
より引用

こちらがHYというグループのボーカルの

仲宗根泉なんです。

 

3人とも沖縄出身のアーチストです。

この度、3人でユニットを組むことになりました。

ユニット名は「さんご」です。

 

 

沖縄のサンゴと産後という3人が

共通することばで決定したそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

この3人が結成するきっかけとして

2012年のNHKFMの放送で

仲宗根泉とキロロの玉城千春がはじめて

共演しているんです。

 

 

その時に仲宗根泉は長女を出産したばかりでした。

玉城は子育ての経験があるので

仲宗根泉に子育ての指南をしたりして

意気投合をしたそうです。

 

その後、もう一人のキロロである

金城綾乃が加わって「さんご」が生まれました。

この3人が共同で作詞作曲をして「いのちのリレー」

という曲をつくりました。

 

仲宗根泉は「戦争を生き抜いた方々からの命のリレーが

あったからこそ、今があるという思いでつくった。」

と話しています。

 

 

玉城千春は「平和を考えるきっかけ、

心のよりどころとなるような1曲に

なってほしい。」といっています。

 

 

金城綾乃は「子供たちのコーラスで

歌に命が吹き込まれた。」と満足げに

話しているといいます。

 

 

今のところこの3人はこの曲だけの

ユニットなんですがこの「さんご」の

活動を続けたがっているらしいので

2曲目3曲目とつながっていくかもしれません。

 

キロロとは?

沖縄県の読谷村の高校の同級生

だった二人がつくったグループ名です。

 

 

玉城千春がボーカルで主に

作詞作曲をしています。

 

金城綾乃はピアノ、キーボードを担当

しています。

 

キロロというグループ名の由来は

玉城千春が小学生の時に

北海道の池田町に行った時に

キロロというアイヌ語から来る

言葉が心に残っていたらしいです。

 

 

玉城千春は作詞作曲をするのですが

ピアノは苦手らしくて

音符もあまり良くわからない状態でつくり、

金城綾乃がそれを曲にするという

やり方らしいです。

 

とてもいいコンビですね。

お互いが助け合っているという

バランスの良い二人ですね。

 

1996年にインディーズデビューを

していて沖縄限定で発売された

「長い間」という曲が沖縄の

ローカルのCMで使われて

1万枚以上を売り上げたそうです。

 

これがきっかけで1998年に

メジャーデビューをしています。

 

 

仲宗根泉とは?

HYという男性4人、女性1人のバンドのボーカルです。

このバンドのメンバーは全員沖縄県のうるま市です。

HYという名前の由来はうるま市の

与那城「東屋慶名」(ひがしやけな)の

イニシャルから取ったということです。

 

 

2003年に2枚目のアルバム「ストリートスト-リ-」

をインディーズで発売すると

オリコンのチャートで1位を4週連続で

記録することになった。

 

 

 

スポンサーリンク
No Comments yet, be the first to reply

キロロとHYの仲宗根泉が新ユニット『さんご』結成!